おまかせ!キッチン 調理器具・食器特集
食べながら痩せ、リバウンドしない → 「細くて当たり前の人」になれる!...としたら?

シラルガン(Silargan)のお手入れ方法

お手入れ方法
シラルガンは表面が強化ガラスセラミックでコーティングされているので、お手入れは簡単です。
少し焦げ付いた時でも水に浸しておくと、スポンジだけでサッときれいになります。
頑固な場合は、お水にお酢を混ぜ(大さじ2杯程度)火にかけてしばらく沸騰させてから、
スポンジでこすってください。

取り扱い時の注意
食材を入れないでまったくの空焚きはしないでください。もし空焚きしてしまった場合は自然に
冷めるのをお待ちください。
※すぐに水につけると、急激な温度変化で表面のガラスセラミックがはがれる事があります
シラルガンの表面素材”強化ガラスセラミック”は、堅牢にできておりますので、基本的には
金属のサーバーやお玉を使用しても差し支えありません。
※少しのキズでも気になる場合は、木ベラやシリコン製の調理器具を使用しましょう。
ステンレスワイヤー等でできているタワシで強くこするのは、おやめください。

光沢がなくなってきたら
熱焼けしたようなくもりができてきた際は、お水にお酢や柑橘類を混ぜ(大さじ2杯程度)、
火にかけてしばらく沸騰させてから、スポンジでこすってみてください。
それほどハードでない焦げ付きやくもりは、メラミンスポンジやシラルガン製品用のクリーナー
で楽に落ちます。
歯が立たない頑固な焦げ付きには、ステンレスではなく銅製たわしをお試しください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/730